読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東西南北の春夏秋冬

世界のニュースや話題・季節催事などをお知らせしています。

スポンサーリンク

テイラー・スウィフトが世界で最も稼ぐセレブリティ第一位 「世界で最も稼ぐ30歳未満のセレブリティ」ランキング 23位は錦織圭

ランキング

1989年12月13日、米ペンシルベニア州レディングに誕生した人気歌手のテイラー・スウィフトは、生まれ年をタイトルにしたアルバムとツアーの成功によって1年間で1億7,000万ドル(約185億円)を稼ぎ、26歳にして世界で最も稼ぐセレブリティとなった。

「1989」ツアーは北米地域で2億ドルの興行収入を上げ、ザ・ローリング・ストーンの記録を更新。ワールドツアー全体の収入は2億5,000万ドルに達した。同名のアルバムは世界で900万枚を売り上げ、ビルボードの全米アルバムチャートで1年間にわたり上位10位以内にとどまった。

 

スウィフトはさらに、アップルやコカ・コーラ、ケッズなどのブランドの広告にも出演。資産総額は推定2億5,000万ドルで、フォーブスの「米国の女性芸能人長者番付」で最年少のランク入りを果たした。

フォーブスがまとめた今年の「世界で最も稼ぐ30歳未満のセレブリティ」ランキングに入った30組のうち、最年少は22歳のジャスティン・ビーバー(6位)だった。テニス界のスター、ラファエル・ナダル(18位)はランキング対象期間(2015年6月1日~16年6月1日)終了から2日後に30歳の誕生日を迎え、かろうじてランク入りを果たした。ドレイク(17位)とウサイン・ボルト(27位)も対象期間後に30歳の誕生日を迎えている。

昨年のランキングでは、スウィフトは1位の座を英ボーイバンド「ワン・ダイレクション」に譲っていたが、今年は両者の位置が逆転。1億1,000万ドルを稼いだワン・ダイレクションは2位に甘んじた。

3位は、世界で2番目に稼ぐスポーツ選手リオネル・メッシの8,150万ドル。メッシは昨年7月、父親とともに脱税の罪で有罪判決を受けたが、その後判決を不服として上訴。訴訟は現在も進行中だ。

今年のランキングには女優1人、ミュージシャン9組、スポーツ選手20人が入った。芸能界では若さが重視されるが、スポーツ界ではその傾向が顕著だ。世界で最も稼ぐスポーツ選手100人の平均年齢は31歳なのに対し、最も稼ぐ映画男優20人の45%が50歳を超えている。

世界で最も稼ぐ30歳未満のセレブリティとなった37人のうち、ほぼ3分の1に当たる35.1%が米国以外の出身だった。13位に入った韓国のボーイバンド「ビッグバン」の年収は、ランク入りした非米国出身者の合計年収のほぼ半分に当たる4,400万ドルだった。

男女間の格差は残念ながら大きく、ランク入りした女性は4人だけだった。うち3人はシンガーソングライターで、残る1人は世界で最も稼ぐ映画女優のジェニファー・ローレンス(12位)だった。今年世界で最も稼いだ30歳未満の女子スポーツ選手となったマリア・シャラポワの年収は2,190万ドルで、ランク入りを逃した。

ランキングの対象となったのはマネジメント料・税引き前の年収で、算出に当たってはニールセン、ポールスター、IMDB、ボックス・オフィス・モジョなどがまとめた数字に加え、エージェントやマネジャー、弁護士、業界関係者や本人へのインタビューの内容を加味した。

以下は今年の「世界で最も稼ぐ30歳未満のセレブリティ」ランキングに入った30組の全リスト。

1位:テイラー・スウィフト(26歳/ミュージシャン/1億7,000万ドル)

 

2位:ワン・ダイレクション(22~24歳/ミュージシャン/1億1,000万ドル)

3位:リオネル・メッシ(29歳/サッカー選手/8,150万ドル)

4位:アデル(28歳/ミュージシャン/8,050万ドル)

5位:リアーナ(28歳/ミュージシャン/7,500万ドル)

6位:ジャスティン・ビーバー(22歳/ミュージシャン/5,600万ドル)

6位:ノバク・ジョコビッチ(29歳/テニス選手/5,600万ドル)

6位:ケビン・デュラント(28歳/バスケットボール選手/5,600万ドル)

9位:ザ・ウィーケンド(26歳/ミュージシャン/5,500万ドル)

10位:キャム・ニュートン(27歳/アメリカンフットボール選手/5,300万ドル)

10位:ジョーダン・スピース(23歳/ゴルフ選手/5,300万ドル)

12位:ジェニファー・ローレンス(26歳/女優/4,600万ドル)

13位:ビッグバン(25~29歳/ミュージシャン/4,400万ドル)

14位:ローリー・マキロイ(27歳/ゴルフ選手/4,250万ドル)

15位:ラッセル・ウィルソン(27歳/アメリカンフットボール選手/4,200万ドル)

16位:セバスチャン・ベッテル(29歳/F1選手/4,100万ドル)

17位:ドレイク(30歳/ミュージシャン/3,800万ドル)

18位:ラファエル・ナダル(30歳/テニス選手/3,750万ドル)

18位:ネイマール(24歳/サッカー選手/3,750万ドル)

20位:ガレス・ベイル(27歳/サッカー選手/3,600万ドル)

21位:マーセル・ダレウス(26歳/アメリカンフットボール選手/3,500万ドル)

22位:デリック・ローズ(28歳/バスケットボール選手/3,400万ドル)

23位:A・J・グリーン(28歳/バスケットボール選手/3,350万ドル)

23位:錦織圭(26歳/テニス選手/3,350万ドル)

23位:エド・シーラン(25歳/ミュージシャン/3,350万ドル)

26位:ジェームス・ハーデン(27歳/バスケットボール選手/3,300万ドル)

27位:ウサイン・ボルト(30歳/陸上選手/3,250万ドル)

28位:クレイトン・カーショウ(28歳/野球選手/3,200万ドル)

28位:オリビエ・バーノン(26歳/アメリカンフットボール選手/3,200万ドル)

30位:カイリー・アービング(24歳/バスケットボール選手/2,850万ドル)

 

★テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフト(Taylor Swift、1989年12月13日 - )は、アメリカ合衆国のカントリー・ミュージック歌手、シンガーソングライター。女優として映画やテレビドラマにも出演している。身長178  cm(5ft11in)、足のサイズは26.5cm。


出生名Taylor Alison Swift/テイラー・アリソン・スウィフト
生誕1989年12月13日(26歳)
出身地 アメリカ合衆国ペンシルベニア州
ジャンルカントリー・ポップ
職業シンガーソングライター、女優、モデル
担当楽器ボーカル、ギター、ウクレレ、ピアノ、バンジョー
活動期間2006年 -

立て続けにヒット曲を生み出しており、ファン層も広く、しばしば「America's sweetheart」とも呼ばれる。

人物
グラミー歌手サム・スミスは男性誌「GQ」に「テイラー・スウィフトは素晴らしいよ……彼女はロールモデルだね」「彼女のことをとても尊敬しているんだ。彼女はたくさんのレコードを売ることができて、経済的にたくさんの人をハッピーにして、でも、深い感情をキープしている。正直なね」と述べている。

女優レナ・ダナムは「Glamour」誌に「テイラーは私の良き友なの。いつも彼女に電話したり、メールをしているわ。彼女は私に勇気をくれるし、最善の選択をするのに役立つアドバイスをくれるの。彼女はクリエイティブ面で素晴らしい本能を発揮するのよ」と称賛した。

女優・歌手ゼンデイヤは「ピープル」誌のインタビューで「彼女って本当にスウィートハートなの。テイラーはただ、本当に本当に優しいひとなの。(中略)いつでも彼女に会えるって、クールよ。テイラーはみんなを、永遠の友だちみたいに扱ってくれるの」と評している。
英MAXIM誌が発表する「2015年最もホットな女性100人」の第1位に選ばれる。

社会貢献活動
2012年5月、RBBTODAYによると、故郷ナッシュヴィルにある「カントリー・ミュージック殿堂博物館」に400万ドル(約3億2000万円)を寄付した。

2014年3月にはファンの結婚祝いパーティにサプライズ出席してキッチン用品や手書きのアート作品などを贈っている。また、病気の子供たちを元気づけるために、小児病院を訪問している。8月にはファンの中から90人をニューヨークの自宅に招待してパーティを開催、「彼女(スウィフト)は私たち一人一人が親友であるかのように接してくれた」という。9月には30名のファンに自身が焼いたクッキーを振る舞い、2ショット撮影に応じたという。

2014年秋にニューヨークのグローバル・ウェルカム・アンバサダー(観光大使)に就任、シングル「Welcome to New York」の収益すべてを市内の公立学校に寄付。若者を支援する組織「Do Something」が選ぶ「最もチャリティに貢献したスター」に選出される。

2015年4月、スウィフトと話をすることが夢という癌を患う12歳の少女エミリーに電話をかけ話をして少女の夢を叶えたという。 7月7日に、白血病の治療でスウィフトのコンサートに行くことができない11歳の少女に5万ドル(約610万円)の寄付を行い、「美しくて、勇敢なナオミ。コンサートに来れなくて残念だわ。でも、コンサートならいつでもたくさんあるわ。あなたが良くなることに集中しましょう。あなたとあなたの家族に大きなハグを送るわね」とメッセージが添えられた。

来日公演
Taylor Swift SPECIAL LIVE
2010年2月17日、ZEPP TOKYO
Speak Now TOUR
2011年2月13日、大阪城ホール
2011年2月16日、日本武道館
2011年2月17日、日本武道館
THE RED TOUR
2014年6月1日、さいたまスーパーアリーナ
The 1989 World Tour
2015年5月5日、東京ドーム
2015年5月6日、東京ドーム

受賞歴
CMT Music Awards - 「Breakthrough Video of The Year: Tim McGraw」受賞(2007年)
Country Music Association Awards - 「Horizon Award」受賞(2007年)
アメリカン・ミュージック・アワード - 「Favorite Female Country Artist」受賞(2008年)
Teen Choice Awards - 「Breakout Artist」受賞(2008年)
CMT Music Awards - 「Female Video of the Year: Our Song」、「Video of the Year: Our Song」受賞(2008年)
アカデミー・オブ・カントリーミュージック - 「Top New Female Vocalist」受賞(2008年)
IFPI Global Recording Artist of 2014(2015年)
第64回BMIポップ・アワード(2016年)
テイラー・スウィフト賞、ソングライター・オブ・ザ・イヤー
MTV Video Music Awards
「Best Female Video」受賞(2009年)
最優秀ビデオ賞/最優秀コラボレーション賞(2015年) - テイラー・スウィフト feat. ケンドリック・ラマー「バッド・ブラッド」
最優秀女性アーティスト・ビデオ賞/最優秀ポップ・ビデオ賞(2015年) - 「ブランク・スペース」
MTVヨーロッパ・ミュージック・アワード
最優秀楽曲賞(2015年) - テイラー・スウィフト feat. ケンドリック・ラマー「バッド・ブラッド」
第52回グラミー賞(2010年)
最優秀アルバム賞、最優秀女性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞、最優秀カントリー・ソング賞、最優秀カントリー・アルバム賞
第58回グラミー賞(2016年)
最優秀アルバム賞、最優秀ポップ・ボーカル・アルバム賞、最優秀ミュージック・ビデオ賞
ビルボード・ミュージック・アワード
(2013年) - アーティスト・オブ・ザ・イヤー
(2015年) - 最優秀アーティスト、最優秀女性アーティスト、最優秀アルバム賞「1989」 ほか
米ビルボード誌「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」(2014年)

他多数(List of awards and nominations received by Taylor Swift 参照)