読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東西南北の春夏秋冬

世界のニュースや話題・季節催事などをお知らせしています。

スポンサーリンク

米ミス・コンテスト「ミス・ティーンUSA(Miss Teen USA)」での水着審査が廃止!

ランキング 芸能・エンタメ

14~19歳の女性が対象の米ミスコンテスト「ミス・ティーンUSA(Miss Teen USA)」での水着審査がこのたび廃止となった。ビキニ姿での大会出場は性差別的で屈辱的との長年にわたる批判への対応とみられる。今後はビキニに代わってスポーツウエアでの審査が採用される。


Miss Teen USA Swimsuit Competition | LIVE 8-22-15

 ミス・ティーンUSAの公式ウェブサイトには、「フェミニズムと男女平等がますます重要となる社会において、女性がビキニ姿でステージに登場することは時代遅れ」とのコメントが掲載された。

 コンテストを運営するミス・ユニバース機構(Miss Universe Organization)は、今後について、イブニングウエアとスポーツウエアでの審査および「内面の美しさ」を審査するとしており、「ミス・ティーンUSAでのスポーツウエアへの変更は、搾取的なイメージの低減と、若い出場者らにとっては体の健康がより重要であることを伝えるメッセージ」だとしている。

 現ミス・ティーンUSAのキャサリン・ハイク(Katherine Haik)さんも今回の変更を歓迎するコメントを発表した。

 2016年度のミス・ティーンUSAコンテストは、7月30日に米ラスベガス(Las Vegas)で開催予定。オンラインでも中継される。大会には、全米50州と首都ワシントン(Washington DC)から選ばれた代表1人ずつが出場する。


★ミス・ティーンUSA


Miss Teen USA 2015 Winner Announced | LIVE 8-22-15


ミス・ティーンUSA(Miss Teen USA)は、ミス・ユニバース機構(Miss Universe Organization)が保有・運営するアメリカのミス・コンテスト。

対象年齢は2009大会から引き下げられ、14~18歳(州代表選出大会では、全国大会が開催される頃に14歳以上19歳未満であることが応募条件である)で、ティーンであれば全員が出場できるわけではない。

毎年夏、全米各地で大会が開催され、各州の州大会で優勝した候補者たちが出場する。審査方法はミス・ユニバースと同一で、大会の前に事前審査(水着審査・イヴニングガウン審査・面接)を行い、大会当日にその結果を踏まえてTOP15を発表する。この15名が、水着審査・イヴニングガウン審査でTOP5にまで絞られ、5人が最後の質疑応答コーナーに進む。優勝者はミス・ユニバース、ミスUSA同様Diamond Nexus Labs製の王冠を戴冠される。

優勝者は、約一年間の在任期間中、ニューヨークのトランプ・タワーにミス・ユニバース、ミスUSAと共に住み、チャリティ活動やイベント出演などを行う。一年間給与が支給されるほか、Diamond Nexus Labs製のティアラ、ヘアケア商品一年分、水着、洋服、靴、3000ドルの賞金、ニューヨークフィルムアカデミーで学ぶための6万ドルの奨学金、フォトグラファーによる撮影、一年間の皮膚科サービスなど、ほぼミス・ユニバース同様の賞品を手にすることができる。

なお、この大会に出場した者が数年後ミスUSAに出場するケースが相次いでおり、ミスUSA前哨戦ともいえる。

2016年の本大会から水着審査が廃止され、代わりにスポーツウェア審査に変更される。

 

※付録

不動産王のドナルド・トランプ氏(69)が運営するトランプ財団はMiss UniverseとMiss USA、Miss Teen USAの開催に協力している。
Miss Teen USA&Miss USAが同時受賞もあり得る。Miss USA優勝者はMiss Universeの米国代表となる。