読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東西南北の春夏秋冬

世界のニュースや話題・季節催事などをお知らせしています。

スポンサーリンク

マリア・シャラポワはドーピング問題で2年間の出場停止処分を受けスポーツ仲裁裁判所(CAS)に訴える意向

裁判 スポーツ

国際テニス連盟(ITF)は8日、ドーピング検査で陽性反応を示したため、暫定的に出場停止処分としていた女子のマリア・シャラポワ(29)=ロシア=に、2年間の出場停止処分を科すと発表した。

 処分は検査を行った1月26日にさかのぼって適用され、シャラポワの8強入りした全豪の成績は無効となり、賞金も剥奪される。シャラポワは処分を不服とし、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に訴える意向を示した。

 シャラポワは1月の全豪オープンの際に受けた検査で、世界反ドーピング機関(WADA)が今年から禁止薬物に指定したメルドニウムに陽性反応を示していた。3月に開いた記者会見では、健康上の理由で10年にわたって服用している薬が新たに禁止薬物となったことを認識せずに、摂取を続けていたと説明していた。


マリア シャラポワ 禁止薬物 プルドニウム 使用

 

 2004年に17歳でウィンブルドン選手権を制したシャラポワは、05年8月にロシア選手で初めて世界ランキング1位となった。12年には全仏オープンで優勝し、四大大会全てに優勝する「生涯グランドスラム」を達成。今年は全豪の準々決勝で敗れてから試合に出場していない。現在の世界ランクは26位。


しかしマリア・シャラポワは五輪の金メダルだけはまだ獲得していない。

 ロシア・テニス連盟のタルピシェフ会長は5月25日、リオ五輪の女子代表に同選手を選出したと発表したが、ITFの処分が解除されない場合は補欠選手と入れ替える方針を示していた。

マリア・シャラポワの競技での収入を遥かに上回るスポンサー収入も、ナイキ、ポルシェ、タグ・ホイヤーなど大手が契約を停止し始めている。
一方、シャラポワにとっては比較的あたらしいスポンサーであるラケットのヘッドは「彼女が見せた、自身の過失を公表し、認めたことへの誠実さと勇気は称賛に値する。マリアは過ちを犯してしまったかもしれないが、我々は彼女との契約を継続する。」とコメントした
 

■国際テニス連盟(ITF)は8日、人気女子テニス選手のマリア・シャラポワ(Maria Sharapova、ロシア)のドーピング違反に対し、2年間の資格停止処分を言い渡した。

シャラポワ選手は「2年間は厳しすぎる」との声明を出し、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴する意向を表明した。

 元世界ランク1位のシャラポワは、1月に行われた全豪オープン(Australian Open Tennis Tournament 2016)のドーピング検査で、今年初めに世界反ドーピング機関(WADA)の禁止表に入った「メルドニウム(Meldonium)」に陽性反応を示した。シャラポワは当時、心臓の問題とマグネシウム欠乏症の治療のため、同薬を10年にわたって摂取していたと説明していた。

 ITFは声明の中で、今回の決定に先がけて「独立した裁定機関」が「マリア・シャラポワによる反ドーピング規定違反を認めた」と述べ、その結果として「影響を受けたと思われる競技結果をはく奪し、2016年1月26日から2年間の資格停止処分を科す」ことになったと続けた。

 調査を行った機関は、ITFに送付した33ページの報告書の中で、シャラポワの禁止薬物使用は「運動能力の向上」目的以外に考えられず、処分は「自業自得」と結論付けている。

 しかし、シャラポワはこの裁定を不服とし、フェイスブック(Facebook)に投稿した声明で、処分は「不当に厳しくされた」ものだと非難した。

「反ドーピング規定を意図的に破ったのではないと、正しく理解してもらうことはできましたが、不当に厳しくされた2年間の資格停止処分を受け入れることはできません」

「ITFのメンバーにより構成される裁定機関は、私が意図的に過失を犯したわけではないと結論付けた一方で、2年間もテニスから遠ざけようとしています。すぐさまスポーツ仲裁裁判所(CAS)に案件を持ち込む所存です」

 シャラポワは同時に、ITFは「多くの時間と労力を費やして、私が意図的に禁止薬物を摂取したことを、何とか証明しようとしている」と批判した。

 3月2日にドーピング違反の通知を受けたシャラポワだが、検査が行われた1月26日にさかのぼって資格停止処分が科される。裁定が覆らなければ、処分が明けるのは2018年1月25日となり、現在29歳のシャラポワにとって、復活は困難な道のりとなる。

 

★マリア・シャラポワ


マリア・シャラポワ(ロシア)4歳でテニスを始め、米国に渡った後、錦織圭選手も学ぶアカデミーで腕を磨いた。17歳で2004年ウィンブルドン選手権初優勝。05年に初の世界ランキング1位。12年全仏で4大大会制覇を達成するなど4大大会通算5勝。188センチ、59キロ。29歳。

4大大会優勝
全豪オープン:1勝(2008年)
全仏オープン:2勝(2012年, 2014年)
ウィンブルドン:1勝(2004年)
全米オープン:1勝(2006年)