読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東西南北の春夏秋冬

世界のニュースや話題・季節催事などをお知らせしています。

スポンサーリンク

マルチナ・ヒンギスはいまだ健在 混合ダブルスの決勝で優勝 全仏オープンテニス

スポーツ

全仏オープンテニス(French Open 2016)は6月3日、混合ダブルスの決勝が行われ、リーンダー・パエス(Leander Paes、インド)/マルチナ・ヒンギス(Martina Hingis、スイス)組は4-6、6-4、10-8で第2シードのイワン・ドディグ(Ivan Dodig、クロアチア)/サニア・ミルザ(Sania Mirza、インド)組を破り、生涯グランドスラムを達成した。

 42歳のパエスと35歳のヒンギスのコンビは、2015年に全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2015)、ウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon 2015)、全米オープンテニス(US Open Tennis Championships 2015)のタイトルを獲得していた。

 パエス個人としては、グランドスラムで自身10個目となる混合ダブルスのタイトルを獲得。男子ダブルスでも通算8勝を挙げている。一方、ヒンギスは今回が5度目の混合ダブルス制覇となっており、女子ダブルスではこれまでに通算12勝を記録している。

 ヒンギスが混合ダブルスのタイトルを初めて獲得したのは2006年の全豪オープンで、当時のパートナーはマヘシュ・ブパシ(Mahesh Bhupathi、インド)だった。

 ヒンギスはまた、ミルザとの女子ダブルスで四大大会(グランドスラム)の過去3大会を制していたが、今大会は3回戦敗退に終わっている。


マルチナ・ヒンギス(Martina Hingis, 1980年9月30日 - )は、スイスの女子プロテニス選手。チェコスロバキア(現スロバキア)のコシツェに生まれる。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。


ある日のマルチナ・ヒンギス

ヒンギスは早熟選手であったことから、女子テニス界における数々の最年少記録を保持している。16歳の時に達成した世界ランキング1位(16歳6ヶ月)、4大大会年間3冠獲得は歴代最年少記録、4大大会初制覇(1997年全豪オープンに16歳3ヶ月で優勝)はオープン化以降の最年少記録である。彼女は1998年に女子ダブルスの年間グランドスラムを達成したこともあり、シングルス・ダブルスともに世界ランキング1位になった数少ない選手のひとりである。

2013年国際テニス殿堂入り。

プロフィール

1980年9月30日、チェコスロバキアのコシツェで生まれる。誕生時に、当時チェコスロバキアの代表選手だった母親メラニーが、同じチェコスロバキア出身の名選手マルチナ・ナブラチロワにあやかって娘を「マルチナ」と命名した。(この当時ナブラチロワは24歳で、1978年と1979年のウィンブルドン選手権に2連覇していた)。母親の影響で2歳の頃からテニスを習い、早熟な才能を開花させた。スロバキア人であった実の父親とは、マルチナが7歳の時に別れている。8歳の頃にスイスへ移住した。

私生活

2006年11月に、幼なじみであるチェコの男子プロテニス選手ラデク・ステパネクと婚約したが、2007年8月にヒンギスとステパネクは婚約の解消を発表した[7]。ヒンギスは2010年3月にスイスの弁護士との婚約を発表したが[8]、1カ月で婚約解消した[9]。

その後ヒンギスは2010年12月10日にフランスの馬術選手であるティボー・ユタン(Thibault Hutin)と結婚した


各種記録一覧
女子テニス協会「最優秀新人賞」:1995年に15歳で受賞。
史上最年少4大大会優勝「16歳3ヶ月」:1997年全豪オープンで達成。
史上最年少での4大大会3冠「16歳」:1997年に全豪オープンウィンブルドン全米オープンを制覇することによって達成。
史上最年少での世界ランキング1位「16歳6ヶ月」:全豪オープンでの優勝などが功を奏し、1997年3月31日に達成。
ダブルス年間グランドスラム:1998年にミリヤナ・ルチッチとのペアで全豪オープンヤナ・ノボトナとのペアで全仏オープンウィンブルドン全米オープンを制覇することによって達成。

4大大会優勝
全豪オープン 女子シングルス:3勝(1997年-1999年)/女子ダブルス:5勝(1997年-1999年・2002年・2016年)/混合ダブルス:2勝(2006年・2015年) [女子シングルス準優勝:2000年-2002年、3年連続]
全仏オープン 女子ダブルス:2勝(1998年・2000年) [女子シングルス準優勝2度:1997年・1999年]
ウィンブルドン 女子シングルス:1勝(1997年)/女子ダブルス:3勝(1996年・1998年・2015年)/混合ダブルス:1勝(2015年)
全米オープン 女子シングルス:1勝(1997年)/女子ダブルス:2勝(1998年・2015年)/混合ダブルス:1勝(2015年) [女子シングルス準優勝2度:1998年、1999年]


身長 170cm

体重 59kg

利き手 右

バックハンド 両手打ち

ツアー経歴


デビュー年1994年

ツアー通算97勝

シングルス43勝

ダブルス54勝

4大大会最高成績・シングルス


全豪優勝(1997-1999)

全仏準優勝(1997・1999)

全英優勝(1997)

全米優勝(1997)

優勝回数
5(豪3・英1・米1)

4大大会最高成績・ダブルス


全豪優勝(1997-99・2002・2016)

全仏優勝(1998・2000)

全英優勝(1996・98・2015)

全米優勝(1998・2015)

優勝回数12(豪5・仏2・英3・米2)

4大大会最高成績・混合ダブルス


全豪優勝(2006・15)

全仏優勝(2016)

全英優勝(2015)

全米優勝(2015)

優勝回数 5(豪2・仏1・英1・米1)

国別対抗戦最高成績


フェド杯
準優勝(1998)

ホップマン杯
優勝(2001)

キャリア自己最高ランキング


シングルス
1位(1997年3月31日)

ダブルス
1位(1998年6月8日)
2016年2月17日現在